空き家で知っておきたい固定資産税とは

空き家で知っておきたい固定資産税や活用法などについて紹介しています。

 

 

人が住む予定のない「空き家」を所持しているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

実家を相続したという方もいれば、親戚の家を相続することになり、空き家を持て余しているという方も少なくありません。

 

 

不動産は一つの資産になるからということで、空き家を所持し続けている人もいるのではないでしょうか。

 

 

しかし、実は空き家は所持しているだけでも固定資産税など、さまざまなお金がかかってしまいます。特に知っておきたいのが空き家を所持している場合の固定資産税に関することです。

 

 

空き家は人が住んでいないということもあり税金の対象にあることを知らない方もいるようです。

 

 

しかし、実は空き家に関しても、「固定資産税、都市計画税」の支払い義務が発生しますので気を付けなければなりません。

 

 

通常、居住を目的とした建物である、一戸建て住宅、マンションなどの場合、住宅用地の特例措置が適用されますので、減税されることになります。

 

 

しかし、空き家の場合には、より固定資産税が高くなってしまう恐れがあります。

 

 

これはなぜかというと、空き家にもいろんな家がありますが、管理が行き届いていない空き家としてみなされてしまう場合です。こういった空き家は、倒壊や悪臭など、近隣の住宅に悪影響を及ぼす可能性のあります。

 

 

そういった空き家は、実は「特定空家等」に指定されてしまうことがあるのですが、こちらの特定空き家等に指定されてしまうと、特例措置の対象から外されてしまうことになります。

 

 

そして、固定資産税に関しても、従来よりも大幅な増税になってしまうこともありますし、場合によっては、強制撤去が行われてしまう可能性もあるのです。

 

 

また空き家を所持しているけれど、建物が老朽化したならば、建物を壊して更地にすればいいと考える方もいらっしゃると思います。

 

 

しかし、固定資産税がそれで減税されるのかというと、けしてそうではありません。

 

 

たとえば空き家の建物を解体して更地になっているという場合には、固定資産税がより高くなります。これはなぜかというと、住宅用地の軽減措置特例が適用されないということになります。

 

 

よって、固定資産税額は建物が残っているときと比べても高くなってしまいます。

 

 

このように、固定資産税は空き家を所持しているうえで、悩ましいものです。

 

 

このため、固定資産税のことを考えるのであれば、すぐに売却、解体ができないという場合、特定空き家などに指定されないように、きちんと管理をしておくことが必要なのです。

 

空き家の活用はどのような方法があるの?

 

実家から譲り受けた空き家があるという方や、また親戚から空き家を譲り受けるというケースは増えています。

 

 

しかし、なかなか空き家の有効な活用法が見当たらず、数年間が過ぎてしまっている…という方は多いのではないでしょうか。

 

 

処分するにしてもせっかく譲り受けたのだから、どうすることもできないし、かといって固定資産税が毎年のようにかかるので、どうしていいのかわからないという方は多いと思います。

 

 

そこで、空き家を有効活用する方法にはどのような方法があるのでしょうか。

 

 

実は全国の空き家数は非常に増えており、今現在もどんどん増え続けています。

 

 

宙ぶらりんな空き家は全国で増えているので、この空き家を何とか活用しなければ、老朽化して何かのトラブルになってしまいかねません。

 

 

そこで、空き家の活用法ですが、いくつかの活用法があります。

 

 

まずは、自分が大家さんとして、人に貸すという方法があります。

 

 

この方法の場合、家賃などの収入が得られることになりますし、家賃収入ができますので、管理の維持費などにも充てることができます。

 

 

また、建物全体を利用することができますので、建て替えなどの費用などもそれほど必要がないのも大きなメリットです。

 

 

しかし、この場合、建物の管理維持費がかかってしまいますので、修繕費などが思う以上にかかってしまうこともあります。

 

 

空き家を活用しようと思っても、借り手がつかなければ、そもそも活用できないというデメリットもあります。

 

 

また、空き家の活用法としては、解体して土地を活用するといった方法もあります。

 

 

古くて立て替えないといけないような空き家だったり、広い土地を有しているという場合には、実は解体したほうが活用しやすいことが多いです。

 

 

そのまま更地を活用する形になりますので、月極駐車場だったり、コインパーキング、トランクルームなどに活用することができます。

 

 

更地を生かすことができますので、建物の維持管理費が必要なくなりますし、あらゆる可能性があるのが大きなメリットです。

 

また、自分の工夫次第で大きな収益が得られる可能性もあるのがメリットです。

 

 

しかし、デメリットは解体費用が掛かってしまうのと、場合によっては固定資産税が高くなってしまうことになりますので、注意が必要となります。

 

 

また、活用という点から離れてしまいますが、どうしても遠方で管理ができないという場合には、最終的に売却するという方法もあります。

 

 

この場合、まとまったお金になるというメリットがあります。

 

 

空き家を利用した民泊ビジネスについて

 

最近、空き家が増え続けているといわれています。

 

 

空き家の数は全国的に増え続けているのですが、実はその大半が放置されている危険な空き家であるといわれています。

 

 

国はこういった危険な空き家を撤去するなどの法律の整備を進めていますが、その一方で、こういった空き家を民泊ビジネスに生かすべきであるという考え方もあります。

 

 

そこで、この空き家の民泊ビジネスとはどういったものなのでしょうか。

 

 

空き家を使った民泊ビジネスとは、その名前の通り、所有している空き家などに、旅行者を宿泊させるビジネスとなっています。

 

 

民泊は、個人宅の一戸建てなどを外国人観光客などに貸し出すことによって、宿泊料をとるというものになっています。

 

 

こちらの民泊ビジネスは、ホテルや旅館に泊まるよりも、宿泊費を節約することができて、リーズナブルに泊まることができるということで、非常に人気があります。

 

 

また、ユニークな物件に泊まることができるということもあって、外国人観光客からも注目され続けています。

 

 

この民泊ビジネスの場合、空き家を有効活用することができるのと、空き家問題を解消することができるというメリットもありますので双方にとって良いことづくめともいえます。

 

 

しかし、通常の民家を見ず知らずの旅行者に宿泊させるということもありますので、騒音トラブル、ごみの分別といったさまざまな問題が生じていることも事実です。

 

 

従って民泊ビジネスを禁止しようとする声もあり、意見が割れているところです。