空き家はどのように管理すればいい?

空き家はどのように管理すればいいのでしょうか?

 

 

実家の親が訳ありで実家に住むことができなくなってしまい、空き家を持て余してしまうというケースが増えているようです。

 

 

しかし、遠方のため自分自身は管理をすることができず困っているという方も増えているようです。

 

 

都会や田舎にかかわらず、このように不動産である空き家の処分や管理に困っている方は増えており、空き家の管理がこれからは社会問題化していくだろうと懸念されています。

 

 

そこで、空き家の管理はどのように行えばいいのでしょうか。

 

 

そもそも空き家にはどのような管理が必要なのか、実家や空き家を始めて所有することになるケースが多いですので、ほとんどの人がこれを詳しく知らないことが多いようです。

 

 

空き家の管理ですが、まずは、なぜ管理をしなければならないのかを知っておく必要があります。

 

 

空き家を所有していると、非常にリスクがたくさんあるからです。

 

 

まず、所有をしているだけでもいくつか空き家にはリスクがあります。まずそれは防犯上のリスクです。

 

 

ずっと空き家の状態にしておくと、不正に占拠されてしまったり、また不法投棄されてしまう恐れがあります。不審者がそこに入り込み、いかがわしいことに使われてしまう可能性もあります。

 

 

不法投棄されたものが悪臭を放ち、そして周囲の近隣のトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。そうなれば、自分が謝罪をしなければなりません。

 

 

また、老朽化してしまうと、今度は空き家が倒壊してしまったり、落ちてきた瓦などで誰かがけがをするというリスクがあります。このような状況になってしまうと、大変なことになります。

 

 

このため、空き家にはしっかりとした管理が必要になるのです。

 

 

具体的な管理の方法ですが、通気や通水、そして換気は必要です。

 

 

また、雨漏りの確認や定期的な清掃も必要になります。

 

 

庭木の確認だったり、雨どいや、屋根の確認もする必要がありますし、ポストの整理だったり、場合によっては害虫駆除を行う必要もあるのです。

 

 

しかし、これは定期的にメンテナンスをしなければならず、管理は少なくとも1か月に1度は行う必要があります。

 

 

遠方の場合、まず管理をすることは厳しくなるでしょう。

 

 

このため、空き家の管理は、メンテナンス会社に任せるということも一つの方法です。

 

 

管理はもちろん費用が掛かりますし、これに固定資産税もかかりますので、費用が相当掛かってきます。このため、空き家は、管理が大変ならば、売却も検討する必要があるのです。

 

空き家の掃除をするメリットとは?

 

空き家を相続し、その管理をどうすればいいのか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、空き家は放置しておくと、老朽化してしまい、害虫が発生したり、悪臭のもとになってしまったりと、トラブルになってしまいかねません。

 

 

このため、できる範囲で、空き家は掃除をしたりと、メンテナンスをしておくことが必要なのです。

 

 

空き家とはいえ、このように、掃除をして綺麗に保ち続けたりと、見栄えはとても大切です。

 

 

どんなものでもそうですが、汚れていたり、不潔に感じられるものよりも清潔感があるものの方が、購買意欲がわきますので、空き家をもしも売りたいという時にも、掃除をしておけば、値段が変わってくることもあります。

 

 

たとえば、空き家の管理などももちろん掃除が必要ですが、最終的に空き家を売りたいと考えているときも、掃除はとても大切です。

 

 

これは、なぜかというと、買い手はこの際に、現地に来て、内見をします。

 

 

価値がつかないような老朽化した建物でも、家のなかが清掃されており、庭の手入れなどがされていると、印象が良くなります。

 

 

また、どうしても自分たちで、清掃をする余裕がなかったり、遠方でできないという場合には、業者に委託するというのも一つの方法となります。

 

 

場合によっては、売却を検討していると、不動産会社に相談をすることによって、掃除ができる業者を手配してもらえることも多いです。

 

 

また、清掃会社や管理会社などを自分で探してみて、掃除をしてくれるようなところに依頼をすると良いでしょう。

 

空き家のハウスクリーニングは依頼可能?

 

空き家を所有しているということで、管理が大変だと感じている方や、管理ができないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

全国には空き家が増え続けているということもあり、空き家によるトラブルが社会問題化しています。空き家を放置しておくことで、倒壊や瓦が吹き飛んだり、また悪臭や害虫の発生、動物が住み着いてしまう…といった数多くのトラブルが起こりえます。

 

 

そこで、定期的に空き家は管理をして、ハウスクリーニングをすることがとても大切です。

 

 

ハウスクリーニングというと、住んでいる住宅のみが対象というイメージがあり、空き家でもハウスクリーニングができるのかと疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

 

実はハウスクリーニングに関しては、空き家でも使用をすることは可能となっています。

 

 

劣化などが気になっているという場合には、空き家のハウスクリーニングを依頼し、定期的に綺麗にしてもらうということは可能です。

 

 

空き家をハウスクリーニングすることはさまざまなメリットがあります。まずは、空き家のさまざまなトラブルなどを、回避することができて、空き家を綺麗に保ち続けることができます。

 

 

また、将来的に、もしも空き家を売りに出す場合にも、住宅の状態が悪ければ、すぐに住めなかったり、価格が下がってしまうことにもつながります。

 

 

しかし、ハウスクリーニングで、老朽化した家でも綺麗に保ち続けていれば、徹底的に掃除をしてくれて、そして自分ではできない箇所も掃除できるのです。

 

空き家のセキュリティ問題について

 

空き家を相続したけれど管理をすることが難しく、放置をしているという方は多いのではないでしょうか?

 

 

空き家の相続をしたけれど、放置をしているという場合には、セキュリティ面で、主にさまざまな問題が出てきます。

 

 

倒壊や、景観の悪化などのさまざまな問題がありますが、その中の一つに、監視の目が緩いということもあり、セキュリティ面での問題が生じてしまいます。

 

 

空き家は部外者の出入りが容易であるといえるでしょう。

 

 

空き家を管理するのは月1回程度が限界という方も多いですが、その場合、不審者も入り放題になってしまうといえます。

 

 

セキュリティ面で気を付けていても、目が行き届かないといえるでしょう。

 

 

近所の子供が入り込むというのはよくありますが、いたずらで火遊びをされてしまうということもあります。

 

 

また、タバコなどを投げ捨てられてしまう恐れもあり、そうなれば、火災の原因となってしまいます。

 

 

また、それ以外にもセキュリティ面での問題はたくさんあります。

 

 

たとえば、空き家の場合、犯罪者の隠れ場所となってしまう危険性もあります。

 

 

犯罪そのものを行う場所として使われてしまう可能性もありますので、持ち主である自分自身にも被害が生じてくる可能性があります。

 

 

このように、空き家はセキュリティ面でもさまざまな問題を抱えていますので、こういった問題を早急に解決する必要があります。

 

 

空き家を所有しているということは、セキュリティ面にも気を配る必要があります。

 

 

掃除や管理をするのと同時に、防犯やセキュリティにも目を向けるようにしましょう。