空き家老朽!?解体する際の補助金について

空き家が老朽?解体する際の補助金について紹介しています。

 

 

空き家を相続してしまい所有をしているけれど、遠方なので管理をすることができず困っているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

また、空き家を所有しているけれど、老朽化しており、近所など周辺に迷惑がかかってしまうことを恐れているという方も多いと思います。

 

 

実際に空き家は全国各地で増えてきており、老朽化による倒壊や、瓦が散乱することでけが人が出たりと、さまざまなトラブルに発展しかねません。

 

 

そこで、空き家を解体してしまいたいけれど、費用がかかってしまうのではないかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

 

しかし、実は空き家や家を壊す場合には、解体には補助金を受け取ることができます。

 

 

こちらの補助金があれば、工事費用を節約することができますし、莫大な費用を自分一人で支払う必要がありません。

 

 

この空き家を解体する際の補助金は各自治体によって定められていて、補助金が出る自治体もあれば、でないところもあります。

 

 

このため、もしも空き家を所有しているのであれば、そのエリアの自治体で、解体に関して補助金が出るのかどうかをぜひ一度調べてみることをおすすめします。

 

 

また、空き家の解体のための解体工事の補助金を利用するためなのですが、これには、いくつか条件があります。

 

 

この条件に関しても、各自治体によって規定されていますので、ぜひ一度チェックをしてみるようにしましょう。

 

 

しかし、補助金を貰うのにハードルが高い場合もありますので、注意が必要です。また、自治体によっては、比較的条件が緩かったりすることもあるようです。

 

 

しかし、自分が解体工事をしようと考えている建物が該当するかどうかは、実際に申請して判断してもらわないといけませんので、確実に解体の際に補助金がでると考えないようにしましょう。

 

 

補助金の申請が通ったら、ラッキーであると考えておいた方がよさげです。

 

 

ちなみにもしも、この補助金についてですが、すでに解体工事に着手してしまっている場合については、確実に補助金を受け取ることはできません。

 

 

あくまでも、補助金が受け取ることができるのは、解体工事を行う前となっていますので、必ず、実際に工事に着手する前に、補助金の申請を行うようにしましょう。

 

 

大体、いつ建築されたものと決まっていることが多く、前年の所得などがみられることが多いです。

 

 

また、補助金を申請し、無事に補助金がもらえることになったとしても、実際に支払らわれるのは、空き家の解体工事が終わり、証明などが終わってからになります。

 

 

このため、空き家が取り壊されてからも慎重に進める必要があります。

 

空き家の老朽化はどのような問題がある?

 

実家が空き家になってしまい困っている…という方は多いのではないでしょうか。

 

 

空き家は放置しておくと老朽化してしまい、大変なことになってしまいます。

 

 

そこで、空き家が老朽化すると具体的にどのような問題が生じてくるのでしょうか。

 

 

まず、実家が老朽化した空き家は、たとえば、地震が来た場合には倒してしまう恐れがあります。

 

 

また、台風などの際も、家が強風により倒壊してしまう恐れもありますし、たとえば、瓦やトタンが飛散してしまう恐れもあります。

 

 

また、それ以外にも、日常的に、老朽化した空き家がそばにあると、さまざまな危険があります。

 

 

たとえば、放火などによる火災のリスクが上がってしまいますし、さらに、老朽化した空き家があれば、景観上も悪くなってしまいます。

 

 

また、老朽化した空き家は、衛生面や周辺環境への影響なども懸念されることになります。

 

 

夏場などに関しては、害虫などが繁殖すれば厄介なことになってしまいます。

 

 

これは、最近では、都会でも害虫が住みついたり、また悪臭の被害が増えているといわれています。

 

 

また、野生の犬やアライグマなどが住み着くケースもあるようです。

 

 

購入を検討する住宅の隣に、もしも、このように老朽化した空き家があるとき、その所有者を調べる必要があります。

 

 

空き家の所有者に連絡がとれなければ、いざ何かトラブルがあった時に、自分自身で解決をしなければならないですし、被害が遭った場合も連絡を取ることができず困ってしまうことになります。